矯正治療

ホーム>>デーモン矯正

デーモン矯正

痛くない矯正

痛くない新しい矯正装置

ワイヤー矯正の装置として従来よく使用されていたワイヤーに、ニッケルチタンワイヤーというものがあります。太さがいろいろありますが、近年、一番細いものを使用している矯正装置が出ています。

ワイヤー矯正では何らかの力がかかるので、ワイヤーは細ければ細いほど痛みは出づらいものです。通常それはブラケットで固定しており、かかる力が弱いほど歯は移動させづらくなります。

しかしデーモン矯正については、ブラケットでワイヤーを固定するのではなく、ワイヤーが中を素通りするような仕組みなので、とても簡単に歯を横に移動させられる新しい治療方法です。

歯への負担が少ない治療方法

歯は、力がかかった側の骨が吸収し、引っ張られた側の骨が増骨して移動する仕組みになっています。通常はブラケットに固定をするとそこに摩擦が起きるので、摩擦抵抗で歯を移動させにくくなると同時に、痛みも出てしまいます。しかしブラケットの中に留めるものが無い状態、つまり抵抗がなければ弱い力でも歯は移動するので、ワイヤーの力が弱くても治療できるのです。痛みはありません。歯がどこにあってもいいという条件のもとで歯を移動させるというのは歯に負担がかからないので、楽に移動させることができるのです。

デーモン矯正の装置の特徴

デーモン矯正の一番の特徴は、ブラケットです。従来の矯正装置のブラケットは、そこにメインのワイヤーを通し、それを細いワイヤーで固定していました。しかしワイヤーが二重になるので矯正装置をしていることが明らかになり、審美面でデメリットがありました。また、固定するワイヤーが目立つためゴムで固定する装置もありますが、ワイヤーとゴムとの抵抗で歯を移動させにくくなるというデメリットがありました。

デーモン矯正はすべてが透明なセラミックで、ふたを閉じるような仕組みになっています。そのため、一つひとつのブラケットのコストはやや高くなりますが、とてもシンプルで、ワイヤーがブラケットに通されないので審美的な美しさがあります。